慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

短い夏休み

7時過ぎに起床。前日(8/18)につづいて、ひんやりとした空気が家壁の外から染みいってくる。 ただいま、実家に帰省中。 18日朝には、地元友人たちと〈朝活〉っぽいことをした。ほとんど〈駄弁り〉なんだけど、とあるヒントをもらって満足です。

それから自宅に戻って急いで、帰省の支度をする。 予定では午前中には実家に到着して、昼メシをかっ込んで、そのまま実家近所の水辺のプールへでかける・・・という算段だったのだが、たしかにだいたい順調でプールまででかけることはできた。

というものの、昨日からつづいて空気が乾いていて、陽射しもあまりないのである。

〈水辺のプール〉というのは、川の水を引いてつくったものなので、とにかく水が冷たい。先月までの猛暑であればまったく問題なく楽しめるのだが、ここのところの陽気だと、わりと辛い。

いやあ、寒い寒い。売店ではカップヌードルがよく売れていました。わたしたちも食べたし。

というわけで、サッサと退散することになった。このプールで終日過ごすつもりが、アテが外れて、けっきょく実家でのんべんだらりと過ごした。

この18-19日は、ほとんどSNSも触らず、ブログも更新せず、慶應通信の勉強もせず、本も読まず。呑んでしゃべって、ショートドライブしたり。アタマを空っぽにしたつもりですが、ある考えが浮かんできて、ちょっと悩ましいことになっています。

実家には20日まで、これから帰ります。