慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

【夜スク刑法】財産犯とか

6時起床。ここのところは好天続きの関東南部だが、はてさて、わたしはいったい何をやっているのかと足元を眺める。 振り返ってみれば、先週はイベント尽くしの1週間。加えて仕事のヤマでもあったから、レポートは一切できなかった。放送英語のレポ課題は早めに片づけておいて大正解だった。

1月試験のレポート〆切まで1ヶ月を切ってしまい、まだ新規レポはゼロ。このままでは〈オケラ街道〉一直線になってしまう。

今夜は、夜間スクーリング[刑法]の5回目。先週月曜日は仕事で欠席となってしまったが、今週は大丈夫。

今日からしばらくは「財産犯」についてを講義されるという。刑法は独学が難しいといわれるが、中でも「財産犯」はその典型で授業で話を聴かないときっと理解できないだろうというので、やはり出席できてよかった。 今回は「利益窃盗」とか「財産犯の保護法益」とか。 いまのところ、この授業は楽しく受けられていて満足です。肩に食い込む六法の重さが心地よい。

帰宅の電車で読んだ、ほぼ日の本。しばらく前に買っていたのをかばんに入れてきたので。

聞き手があまりにお利口さんすぎて、想定以上に詰まらなかったです。本を読んでいて、久しぶりにキレそうになりました。 明日も天気でありますように。