慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

【現代中国論】不合格レポが返却された

6時起床。やや温かい日がつづいている。

来月の第Ⅳ回科目試験受験受付票が届きました。
f:id:zocalo:20181220204622j:plain

次回は4科目に挑戦です。そのうち[民法総論][日本法制史Ⅰ]はレポ合格しているのであとは試験合格すればいいだけなのですが、そうは問屋が卸さない。[民法総論]は3回目のトライですw
しかも[民法総論]は今回で廃止される科目なので、ここで受からなければレポ(手書きだったよ!)もおじゃんになります。つまりは水泡に帰することになるわけですね。
といいつつ勉強に気が乗らないのも事実でして。[西洋外交史]のレポが終わったら、勉強再開することにしましょう(つーか、西洋外交史のレポ、いつまでかかってんだよって話)。

さて、kccチャンネルをチェックしていたら、[現代中国論]のレポが不合格になっていることを発見。とにかく、勢いで書いたので宜なるかなというところですが、そのレポートが返却されてきました。

f:id:zocalo:20181220213737j:plain
コメントがぎっしり


封筒の表からはびっしりと赤字コメントが透けて見えました。こうなるともう開封するまで内心ドキドキです。
しかし開けてみると、案に相違して、記述不十分とはいえ、書くべき箇所はしっかりと書かれているとのコメント内容でしたのでメッタ斬りは避けられた模様。
ふう。心臓に悪いです。

こちらは次回には受験しないので少し余裕がありますが、とっとと終わらせて〈レポ貯金〉としたいところです。
そんなわけで、受験票も届いて、試験まであと30日。年末年始に浮かれている場合ではありません、と自戒します。