慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

【日本外交史Ⅱ】レポ脱稿

5時半起床。正月3日目。
近所のセブンイレブンでコーヒーを買った後に、昨日から取りかかっている[日本外交史Ⅱ]のレポのつづき。この時間なので、まだ人通りもまばらである。家族も起きてこないので、この時間がわたしの〈真水の時間〉なのだ。

ずっと机に向かって、8時すぎくらいに第一稿を脱稿する。約4000字。2単位科目ではあるが、ここんところわたしは単位数に関係なく、4000から5000文字くらいの分量をレポとして書いている。The more, the better というワケではないが、読み手を引き込んでしまえば文字数はあまり関係ないように思う(あ、これはあくまで個人の感想です)。これで一晩寝かせて明日投稿することにしよう。

明日からは、試験対策に移るつもり。