慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

【政治思想史】テキスト読みから!

熱はないようだけれど、昨日からとにかくアタマが痛くて仕方ないので、今日は会社を休んだ。鼻水も流れてくるし、ひょっとしてスギ花粉のせいかとも思った。
熱がない分だけ身体自体のだるさはないので、ソファに寝転んで[政治思想史]のテキストを読みはじめる。眺めるといった体で進む。
f:id:zocalo:20190122003452j:plain

第一章は方法論というか序論で、第二章へ飛んでもいいというので、いったん「古代ギリシャ」を先に読むことにする。
プラトンからはじまると思いきや、その前段の〈揺籃期〉とも呼ばれそうな時期の話を挟んで、ようやくプラトンへ。個人的にだが(というかこのブログ自体が個人に所属している)、目にする本や読み物で、ここさいきんプラトンという単語をしばしば目にする。
はて、これはなにかの予兆(サイン)であろうか。

というわけで、いままで書いていたブログを整地して、[政治思想史ノート]をつくることにした。そのなかに「プラトン全集読破ノート」を設けようと思う。
katsu.blog

その前に、このテキストをひとまず読了しないと。今日はプラトンまで進んでいったん終わり。