慶應鶏肋録

お気楽極楽勉強道楽。慶應義塾大学通信教育課程 法学部乙類学生(71期秋期)の卒業目指すジャーナル。

『豪雨の前兆』再読

6時起床。相変わらず頭痛がする。

会社を休んで、Eスクも視聴せず、漱石関連の文章を眺める。いつぞやインフルエンザに罹ったけれど、熱も下がってでも身体の怠さが抜けきれずボンヤリとしていたときに、活字を見るのも辛かったので、TVの「名探偵ポアロ」をずっと観ていたことを思い出す。あのリズム感が病人には心地良かったのですよ。

豪雨の前兆

豪雨の前兆

何回か読んだ、夏目漱石修善寺の大患のくだりを、また読む。「豪雨の前兆」というタイトルは明治43年夏の大雨から来ているのだが、その年の夏、漱石は伊豆・修善寺に転地療養に来ていた。そこで8月24日、漱石は病床の洗面器のなかに大量吐血し、30分ほど意識不明になっていたのだった。

「強いて寝返りを打とうとした余と、枕元の金盥に鮮血を認めた余とは、一分(いちぶ)の隙もなく連続しているとのみ信じていた。その間には一本の髪毛(かみげ)も挟む余地のないまでに自覚が働いて来たとのみ心得ていた」(『思い出す事など』)
一度死んだのだという自覚がないのはもちろん、死は特異なものでも恐ろしいものでもなかった。重大な経験ですらなかった。死は存在しないも同然であった。
「妻(さい)の説明を聞いた時余は死とはそれほど果敢(はか)ないものかと思った。そうして余の頭の上にしかく卒然と閃いた生死二面の対照の如何にも急激でかつ没交渉なのに深く感じた」
つまり、死は救いとはならないのである。死は全き無にすぎないのである。

関川夏央の、硬質な文体が病人の肌に、ひんやり気持ちいい。f:id:zocalo:20190424222657j:plain

【履修状況】Eスク法哲学、今週配信分視聴おわり

5時起床、したものの依然体調優れず、二度寝。頭痛とふらつきは昨日と変わらず。
依然、というより、さらに悪化している感じで、今日も会社を休む。
それでも家人を育児ワンオペ状態にしておけず、動かぬ身体で息子を保育園へ送っていった。
会社は休めるが育児は休めない。

保育園から帰ってきて、そのまま勢いで[Eスク法哲学]を聴く。午前に1回、休憩挟んで午後に1回。今日で今週配信分は終わり。
この講義、関係節があちこちにちりばめられていて、しかもそれが単に話されているので、聴いていて解りやすいとはとても思えない。流して聴くにはまったく向いていない。何回目だったか、哲学の歴史が存在論→認識論→言語論→行為論の流れを説明しているくだりは、突き抜けていてほとんどギャグにしか思えなかったw

それでも、講義は面白い。
とくにベンサムのくだりは、ちょうど[新・法哲学]のレポで課題として選択したテーマ(緩刑主義)だったから、レポの解説を聴いているようで腑に落ちた。
そうか、ベンサムは人間を不確実な存在として認識していたのか、とかとか。

哲学、なんて面倒くさいことを人間は考えてきたんだろうと思う。
さて、明日は会社に行けるだろうか。[アメリカ政治史]のレポもサスペンド状態から復帰させないと。
f:id:zocalo:20190423224514j:plain

【履修計画】夏スク、週末スク、夜間スクの案内がでた

4時起床、といったん目覚めたが、どうにもアタマがふらつくのが寝ながらにして自覚した。まずい。いつもと違う。
ゆっくりと起き上がっても、ふらつく。熱はなさそう。
なんだろう。
ヤな予感がして、そのまま寝ることにした。
結果そのまま起き上がれなくなった。

自分ばかりか娘も調子が悪くて、けっきょく子どもを看るというかたちで、会社を休んだ。でも元気なのは娘で、わたしは寝たり起きたり。
それでも[Eスク法哲学]の配信分を2本流し見る・・・と言いながらがっつりと観てしまった。大石先生の、真面目な口調で時折ぶっ込んでくる卑近な喩えが、妙に講義を和ませてくれる。

いよいよ、2019年度の夏期スクーリングの案内が公開された。
さっそくに案内を印刷して、いろいろと眺める。

ひとまずⅠ期~Ⅲ期に申し込んでみた。
本命は三田キャンパスの[政治学特殊]。計量政治学というのを学んでみたかったのだが、この科目抽選なのだよね。どうなるかな。それから日吉キャンパスの[政治思想論]も。申込の〆切までにはもう少しあるので、週末スク、夜間スクともにいろいろと考えてみましょう。f:id:zocalo:20190422223241j:plain

【履修状況】国際法Ⅰの参考文献ぞくぞく、でも少し息抜きしても

6時起床。今日は遅めのスタート。ここのところ、寝不足気味だった。

休みなのにいつものように早起きしてくる子どもたち。[アメリカ政治史]のレポは2000文字でストップ。構成を練り直した法がいいかもしれない。
一段落ついたら、PTA広報誌・夏号の編集会議へでかける。次号は運動会特集号になる。編集みなさん、はじめての作業なのに、とても協力的に進めてくれる。頼もしい。あまり口を出さないことにしているけど、無問題無問題。

終わり次第、図書館へ向かう。[国際法Ⅰ]の参考文献が用意できたんだと。
この[国際法Ⅰ]、もともとレポート作成はあまりやる気にならなかったんだけれど、Twitterフォロワさんが難渋しているのを知って〈伴走〉するつもりで取り組むことにした。乗りかかった船です。
まったく未知の分野なので、現在はとにかく文献を集めることに専念する。GWに着手できればいいんだけれど。

午後は、息子と映画館へ。「クレヨンしんちゃん」の新作映画。

『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』予告

帰宅してやや頭痛がするので少し仮眠する。
起きてぼんやり。ふと大型連休のことを考え、忙しい慶應通信のことを考える。
楽しいことはもちろん楽しいのだが、少し息抜きしてもいいかもしんない。

漱石のことはずっと気になっていた。小説でもなくエッセイでもなくそういう文章をちょっと書いてみたいと、ぼんやり考えた。f:id:zocalo:20190421231725j:plain

【履修状況】アメリカ政治史のレポ着手

5時起床。風が強く吹いている。

午前中は出勤。ひとまずあちこち鎮火し終わって、丸の内へ足を運ぶ。
丸善オアゾアメリカ政治史と国際法Ⅰの資料を探そうと思って。
前者はだいたい揃ったのだが、もう少し漁りたいと思った。後者はほぼ一からの渉猟になる。
結果としては、アメリカ政治史の参考文献の在庫はなかった。ちょっとマイナな分野だが丸善オアゾだけにやや期待したのだけれど、難しかった。後者は、課題のキーワードが解けて、しかもメジャどころなのでアタリはついた。


tweetしたとおり。

帰宅して、[アメリカ政治史]のレポに着手する。叙述が主体だから、うん、GW前の完成を目指しましょう。目処は5000文字ほどかなあ。カバーする範囲が広いので、どう風呂敷をまとめたら良いか。
夜までに1000文字くらいは進めた。
明日も少し進めましょう。f:id:zocalo:20190420231735j:plain